« 続きです。 | トップページ | 今回の旅 »

勝率

生涯で9割六分2厘

のものすごい力士が

いたことをご存知でしょうか?

その名は「雷電為右衛門」

(1767~1825)

Dsc08958

長野県東御市にある

雷電生家と資料館のある道の駅を

訪ねた。

こちらが生家。(開館8:30~閉館4:30)

彼が33歳のときに立て直したものの

復原です。

Dsc08960_2

誰かさんが、自然にスタンばってくれそうな

モノもありましたヨ!

Dsc08963

家の中にはなんと!土俵があった。

マイ土俵とはスゴイ!

Dsc08965

それ以外の生活スペースは

意外にも質素でありました。

彼の義理堅い性格で、

幼少時代にお世話になった

庄屋さんの家より小さく立て直した

のらしいです。

強くても、天狗にはならなかったことが

彼が後年になっても愛されている理由だと

感じます。

とても、素晴しい人柄だったのですね。

そして道の駅。

雷電くるみの郷

には資料館があり、資料やパネルで

Dsc08978

雷電のことが紹介されています。

Dsc08973Dsc08984

この像の堂々とした風格。

特に後ろ姿がかっこよいです。

ちなみに江戸時代の

彼の現役時代には

番付には横綱はなく、

最高位は大関だったそうです。

尚、道の駅では、地元の物産品が

豊富に販売されており

とても、興味深かったです。

あまりの人気で混みあいすぎて

レポートができませんでした。

|

« 続きです。 | トップページ | 今回の旅 »

スポーツ」カテゴリの記事

建物、通り、像、看板など」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

景色、景観」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(*^^*)
こういう場所もあるのですね♪
知らなかったです♪
実に興味深いです♪

あのお相撲さんのプレート
彼なら間違いなく、顔を入れますね(笑)

投稿: chipa | 2009年9月 4日 (金) 21時22分

chipaさん
コメントありがとうございます。
お相撲さんのプレート。
先日のchipaさんのブログのアップの
前になぜか撮っておいたモノなので
ちょっとビックリしています。
chipaさんのブログで
まあさんがいいタイミングで
プレートを使用していたので
自分のブログで
お相撲さんプレートの画像を使うことが
できました。
彼には今後もいろいろなプレートで
いろいろなものに変身して欲しいです(笑)

投稿: 24.5センチ | 2009年9月 5日 (土) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512511/46098384

この記事へのトラックバック一覧です: 勝率:

« 続きです。 | トップページ | 今回の旅 »