« 天守のなか | トップページ | 天守のなか3 »

天守のなか2

美しい姫路城の建物のなかです。

Dsc00076

しかし、ご存知のとおり

戦が起こったときはあらゆる攻撃に

耐えなければいけないということで

工夫がされている。

Dsc00102 Dsc00101

少しのスペースも無駄にしていない。

Dsc00071

鉄砲や

Dsc00084

槍を掛けてあった。

Dsc00094 Dsc00096

Dsc00087

城の重みを支える大柱も

すごかったです。

|

« 天守のなか | トップページ | 天守のなか3 »

建物、通り、像、看板など」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わぁ~!
すごい!
迫力満点ですね(^^*)
木の色が、歴史の重さを
伝えているような・・・。

すごいなぁ~

投稿: chipa | 2009年10月17日 (土) 15時11分

chipaさん
コメントありがとうございます。
武器や柱、
迫力がありましたよ!
内装もみどころいっぱいです。
大柱はみんな触ったりするので
いい艶がでています。
スゴイです!

投稿: 24.5センチ | 2009年10月17日 (土) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512511/46500663

この記事へのトラックバック一覧です: 天守のなか2:

« 天守のなか | トップページ | 天守のなか3 »