« との門から天守まで | トップページ | 天守のなか2 »

天守のなか

Dsc00038

鉄で補強された扉をくぐり

Dsc00039

クツを脱ぎ、ビニール袋に入れて

Dsc00040 

天守閣に入る。

Dsc00049

地下から1階への階段は思ったより緩やかでした。

地下から一階に上ると

展示スペースでした。

Dsc00052

瓦や文書、絵画や兜など

姫路城の歴史に関連した貴重な

品々が展示されている。

昔は藩主とその関係者のごく一部の人しか

入る事のできなかった空間に

現代は一般人でも入ることができるということは

本当に平和の時代に生まれてきて

良かったと痛感したのでした。

|

« との門から天守まで | トップページ | 天守のなか2 »

建物、通り、像、看板など」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(◎´∀`)ノ
今の時代に生まれて、よかったです♪
すごいですね~
神聖な感じが、ここまで伝わって
いますよ♪

投稿: chipa | 2009年10月17日 (土) 15時09分

chipaさん
コメントありがとうございます。
平和なこの時代に生まれて
良かったです。
雰囲気、伝わってよかったです。

投稿: 24.5センチ | 2009年10月17日 (土) 16時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512511/46494031

この記事へのトラックバック一覧です: 天守のなか:

« との門から天守まで | トップページ | 天守のなか2 »