« ガイドさんと一緒に | トップページ | 名古屋城のあと »

しゃちほこ

Dsc07592

名古屋城

Dsc07412

ガイドさんの

重文の櫓。の説明や

Dsc07409

Dsc07416

などの説明を聞く。

それにしても、説明がウマイ!

自分と一緒にまわったガイドさんは、

ポイントを押さえ、なおかつ歯切れがよい。

言葉も名古屋の雰囲気を残している。

観光客を飽きさせない。

軽快で絶妙なトーク。でした。

名古屋城に行ったときには

ガイドさんと一緒にまわること。

おすすめである。

(ガイドさんの個性によって違うとは思いますが・・・。)

Dsc07422_2

門を入るとなにやら工事現場があった。

Dsc07380

城周辺の自販機には

このような、絵が付いていた。

本丸御殿の復元、建設工事が

始まっているのだそうだ。

この建物、当時と同じ建築技術、方法、材料

をできる限り再現するらしく、

ガイドさんの説明にもチカラが入っていた。

復元、公開されたら、また足を運びたい。

と思わせる話術。さすがでありました。

Dsc07579

名古屋城の正面に到着。

左上がメス、右上がオスの鯱。

Dsc07513

天守に入る直前。

Dsc07437

名古屋名物。

金鯱。のアップ画像。

これがメスの鯱。

Dsc07589

なんと金鯱には66キロもの

18金の金の薄板が使われているそうです。

金箔ではなく、薄板なのだそうです。

その量、金閣寺の金箔の量を上回るそうな。

その昔、名古屋城の金鯱のウロコをはがす

大泥棒が居たそうです。

|

« ガイドさんと一緒に | トップページ | 名古屋城のあと »

建物、通り、像、看板など」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

景色、景観」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(◎´∀`)ノ
金シャチに、オスメス区別が
あるんですか??
お城っていつみてもいいですね♪
かっこいい♪

投稿: chipa | 2009年11月 5日 (木) 21時39分

chipaさん
コメントありがとうございます。
シャチホコ
オス、メスで一対だそうです。
わかりやすいのは、反り具合だそうです。
オスの方が急激に反り返り
メスは柔らかく反り返っているそうです。
実物を見るとなんとなくわかります。
(ガイドさんの説明の受け売りです 笑)

投稿: 24.5センチ | 2009年11月 6日 (金) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512511/46673292

この記事へのトラックバック一覧です: しゃちほこ:

« ガイドさんと一緒に | トップページ | 名古屋城のあと »